#1 ケンちゃんはお面になるために生まれてきたんだ

記念すべき第一稿は、京都・男前豆腐店(株)様の「ケンちゃん」のお面です。レトロな雰囲気を強烈に醸し出していて、この原稿を見せていただいた時に’ケンちゃんはお面になるために生まれてきたんだ’とさえ感じました。

記念すべき最初の1枚は、「ケンちゃん」のお面です。

「ケンちゃん」と言えば、言わずと知れた京都・男前豆腐店(株)様の代表的なキャラクター。

レトロな雰囲気を強烈に醸し出していて、この原稿を見せていただいた時に’ケンちゃんはお面になるために生まれてきたんだ’とさえ感じました。

お面の着色方法には、昔ながらの「塗装」と最近徐々に増えてきた「印刷合わせ」があります。

塗装は一色一色職人が塗料を吹き付けていくのですが、やはり手間がかかります。

つまり高いものになります。

一方、見た目に関しては印刷に比べパンチがあり、吹きこぼれて出来たボケなどは逆にとても味わいのあるものになります。

当時はまだまだ、「印刷合わせ」の作り方は当社でも行っていませんでした。

が、もし行っていたとしても ‘ 塗装 ’ をお勧めしたと思います。

打ち合わせに来られた男前豆腐店・社長様のケンちゃんに対する愛情はそばでいても感じるくらいで、是非とも王道を行って欲しいと想ってらっしゃったと思います。

このケンちゃんのお面は当社にとっても大変思い出深いものとなり、後日、男前豆腐店(株)様にお願いしてこの画像の使用許可を頂きました。

男前豆腐店(株)ありがとうございました。

仕様

材質は塩ビ0.45ミリ厚肌材。

数量がまとまっていたので原稿に近い色で材料を作りました。

加工工程は、成形→外周抜き→両耳穴(2工程)→目穴(片目をつぶっているため1工程)→彩色塗装→ゴム紐付け→注意シール貼り→袋入れ(10枚=1袋)→梱包・発送となりました。

塗装

黒(髪・眉毛・目の中ベタ)→白(タオル・白目・口内ベタ)→赤(男前の文字ベタ・口内)→ピンク(口内)→白(男前の文字の田と月の部分のブロック)→ぼかし(両頬)の6工程。

箇所箇所にボケが出ていい雰囲気の出来上がり。

数量がまとまればオリジナルのお面の製作が可能となります。

お祭りだけではなくコンサートやイベントでも是非お使いください。

隈取りおめん#2 隈取りお面はとても希少性の高い着色方法で作られている

関連記事

  1. tofuboyお面1

    #11 この素晴らしい仕上がり ‘tofuboy…

    年に数件、個人またはグループの方からのお面製作のお話を頂きます。しかし残…

  2. 女性お面1

    #12 女性面 化粧をするかのようにお面にもメ…

    今回ご紹介する製品は「女性面」です。このお面は「男性版」もあります。…

  3. ミュークルドリーミーお面

    #22 ミュークルドリーミー コロナ騒動下、最後…

    このお面は、(株)イトオー様より近々発売予定のミュークルドリーミーです。…

移行・移転しました

2020年4月。株式会社一誠技工舎は製造会社より制作事業会社へ移行し、本社事務所も東京都へ移転しました。
運営者
運営者
旅の恥は書き捨てと言います。表現が適当かは分かりませんが、私も初めての現場に連絡を取るときはこんな気持ちです。みなさまからのお問い合わせをお待ちしています。

実写面

 

  • 84393総閲覧数:

ブリスターやトレイの制作

真空成形品の制作|一誠技工舎

真空成形品の制作|一誠技工舎

PAGE TOP