#2 隈取りお面はとても希少性の高い着色方法で作られている

このお面は「塗装後成形」という着色方法を取っています。恐らくこの方法で作られたお面は、世の中でこの隈取りのお面だけではないかと思っています。

このお面も、とても思い出深いお面です。

お面の着色方法には、「成形後塗装」と「印刷後成形」のふた通りがあります。

今回ご覧頂くお面はこの両方をハイブリッドした方法を取っています。

塗装後成形」という方法です。

恐らくこの方法で作られたお面は、世の中でこの隈取りのお面だけではないかと思っています。

自社で作ったお面を販売したくなった。

ある時、自社で作ったお面を世の中で販売したい気持ちが強くなりました。

反応を感じたくなりました。

自分たちで考え作ったお面がどのくらい売れるものなのか(反応があるのか)。

ただ予算は微々たるもので、費用をかけずに製作することが第一前提となりました。

着色さえできれば自社ですべてやれる

成形型用の3Dデーターは作ることが出来る。

それを削る切削機もある。

問題は着色方法でした。

塗装カバーを成形品で代用しようとしたがうまく切れない

「成形後塗装」の場合、塗装用のカバーが必要になります。

通常は銅めっきの金属カバーを使います。

当然そのような費用はありません。

成形品を切ってカバーの代用にあてることはできます。

しかし、曲面をきれいにカットしていくことが困難でした。

と言いますのも、まず作ってみたかったのが隈取のお面だったからです。

隈取はきれいな曲線にて構成されています。

この曲線に沿って成形品をうまくカットできそうにありませんでした。

印刷やインクジェットの外注費は出せない

「印刷後成形」の場合、シルク版代が色数分かかってしまいます。

インクジェットを使う手もありましたが、そもそもインクジェット自体も高価なもの。

被った人の顔に隈取が乗るように見せたかったため、透明材を使おうと考えました。

透明材を使うと最後に白打ちが必要になります。

そこを省くと色が浅くなってしまいます。

白のインクジェット出力代は2C計算。

インクジェット出力代だけでも1ケにつき500円以上かかってしまう。

一回の生産で10~20枚しか生産しないことにしていましたので、利益など出るわけがありません。

とは言え、大きなマイナスは避けなければばりませんでした。

そこで思いついたのが「塗装後成形」という方法でした。

苦肉の策で塗装と成形を組み合わせたら、とても風合のあるものに

成形の収縮の合わせて印刷のデーターは作ることが出来る。

ならばそのデーターに合わせて色を着ける方法を考えればよい。

切削機もある。

そこで成形用印刷データーをもとに、木の板をくり抜いてみたのです。

材料に木版をあてて塗装する

私たちはこの木の板で出来た版を木版と呼びました。

治具を作りプラスチック材が動かないようにし、その上から木版を当てて塗装をしました。

塗装は盛れますので白打ちをしなくとも、かなりパンチがある仕上がりになってくれました。

隈取りの外周は人が指で塗ったがごとくぼけていて、吹き付け塗装ならではのとても風合の上がりになってくれました。

(残念ながら、この着色方法で作られたお面はこの隈取りが最初で最後になりました。)

仕様

・材質は塩ビ0.5ミリ厚透明材。

・加工工程は、塗装→成形→外周ハンドカット→両耳穴(2工程)→ゴム紐付け→注意シール貼り→袋入れ→梱包・発送。

塗装

・黒(髪・眉毛・目の中ベタ)2工程に分けて→白(髪・口内ベタ)→薄赤(隈取りの外周)→赤(隈取り・口)の5工程。

・隈取の外周に分からない程度の薄い赤を入れましたが、ボケも手伝って風合のあるものに仕上がりました。

数量がまとまればオリジナルのお面の製作が可能となります。

お祭りだけではなくコンサートやイベントでも是非お使いください。

otokomae-omen1#1 ケンちゃんはお面になるために生まれてきたんだ

実写のお面1#3 顔を3Dスキャンして作るリアルなお面、名付けて実写面です

関連記事

  1. 初めての女性のリアルな実写面1

    #9 記念すべき初めての 女性のリアルなお面です…

    人の顔のリアルなお面「実写面」を作り始めた頃、願ってもかなわないことがありま…

  2. ぽちゃこお面1

    #20 ポチャコ、本当に久しぶりのお面

    私も一誠技工舎に入り27年目。そんな私も製作時を知らない、先代ポチャコの…

  3. 実写のお面1

    #3 顔を3Dスキャンして作るリアルなお面、名付…

    何年前のことか、もう十年以上経つでしょうか。ある芸術家の方が、当社にご自…

  4. オリジナルネコ面1

    #4 描いたねこを原稿にして作ったネコのお面

    このネコのお面は一誠技工舎のオリジナルです。大のねこ好きである、私の妻の…

  5. こち亀両さんお面2種

    #7 印刷合わせだからこそきれいに出ている豆絞り…

    このこち亀両さんのお面は、(株)イトオー様よりご依頼を頂いて製作したものです…

  6. サングラスキティ1

    #5 サングラスキティはグラス部分がピンクの色透…

    このサングラスキティのお面は、(株)イトオー様よりご依頼を頂いて製作したもの…

  7. こち亀両さん デコ面1

    #13 「こち亀両さん」お面には‘でこ面’という…

    以前、こちら亀有公園前派出所の両津巡査長のお面を紹介しました。合…

  8. 「まるもふびより」モップ君お面1

    #8 モップでおそうじしてるみたい、モップ君お面…

    「まるもふびより」のモップは、いつもお気に入りのブランケットにくるまっている…

移行・移転しました

2020年4月。株式会社一誠技工舎は製造会社より制作事業会社へ移行し、本社事務所も東京都へ移転しました。
運営者
運営者
旅の恥は書き捨てと言います。表現が適当かは分かりませんが、私も初めての現場に連絡を取るときはこんな気持ちです。みなさまからのお問い合わせをお待ちしています。

実写面

 

  • 84393総閲覧数:

ブリスターやトレイの制作

真空成形品の制作|一誠技工舎

真空成形品の制作|一誠技工舎

PAGE TOP