サイト作成

  1. 「isseigi.co.jp」まだまだリニューアル中。

    当社のもう一つのサイトである「isseigi.co.jp」をアップした。まだスカスカではあるが。と前回書いた。見た目にスカスカではあることに変わりないが、見えない部分の幹を太くしている。今回のリニューアルテーマは‘見せる’。

    続きを読む
  2. 「isseigi.co.jp」とりあえずアップ。

    当社のもう一つのサイトである「isseigi.co.jp」をアップした。まだスカスカではあるが。元は当社の本サイトであっただけに、営業品目を網羅したサイトであった。今回のリニューアルに際して‘お面’と‘造形系’の成形品の紹介に特化したものにしようと考えている。

    続きを読む
  3. 「isseigi.co.jp」リニューアル中。

    株式会社一誠技工舎の本サイトを→「isseigi.com」に移した。で、は今どうなっているのか。長らく本サイトとして活躍してくれた「isseigi.co.jp」。現在、お面を中心とした成形品のギャラリーサイトに生まれ変わらせる用意をしている。

    続きを読む
  4. HPの更新作業。

    co.jpと.comの一誠技工舎の二つのHP。現在、更新の内容の作っている。先にアップした女性の実写面も含め、お面の着色方法のテスト報告を中心にするつもり。塗装と印刷。インクジェットと印刷。そんな感じ。

    続きを読む
  5. フレキシブル(2)

    前回、isseigi.comのサイトをフレキシブル対応にしたと書いた。これはどうやら間違えのようだ。今思えば、単なる幅方向の‘可変’ということだと思える。こちら(isseigi.co.jp)をフレキシブル対応に変えみた。構造が違うのだ。

    続きを読む
  6. フレキシブル。

    HPの改修作業の続き。画面幅と共にサイト幅が変化していく‘可変’というスタイル。これをisseigi.com適応させてみた。一応だが。レイアウトまで変化していく‘フレキシブル’というスタイル。これの習得にかかっている。実は、可変の前に一気にこれに手をつけようとした。

    続きを読む
  7. 来訪者一人。

    出店(でみせ)二日目、今日も静かだった。来訪者は、顔なじみ。やはり商売は、そう甘くはない。その静かな時間を使って、HPに追加したページを可変式に変えた。と言うと何だかとても有意義な時間を過ごしたように聞こえる。確かに有意義ではあった。サイトの作成の方法をまた一つ学んだ。

    続きを読む
  8. いじりだすと止まらない。

    一誠技工舎のサイトにエントリーページを加えた。一誠技工舎エントリーページ表示が遅く、スマホで見るとレイアウトは大崩れ。これを解消すべく、調べ調べ手を打つ。これはと思うものを発見し実施しようとすると、サーバーが対応していない。これはと思うものを発見し実施すると、動かない。

    続きを読む
  9. 幅可変は難しい。

    今までの見え方とは違うページを1枚、サイトに加えた。初めての幅可変。使用する画面の大きさに従って、幅の大きさを変えるのだ。覚悟はしていたが、タブレットで見た時に大きくレイアウトを崩している。一つのページの中に、可変と固定が混じっているからである。

    続きを読む
ページ上部へ戻る