よもやま話

  1. 台風の影響はありませんでした。

    12日の夕方から晩にかけて、猛威を振るった台風19号。明けて13日に会社への影響を見に行きました。先日の15号の時には会社への通勤路も冠水等の影響を受けていたのですが、今回はそれはなし。日曜日と言うこともあり、スムーズに会社に到着することが出来ました。

    続きを読む
  2. スポーツバーでの一夜。

    先週末、ラグビーW杯の対アイルランド戦をスポーツバーで観戦した。四年前。日本代表チームが強豪南アフリカを破った。その後、この歴史的瞬間をバーで見届けた客たちの様子がyoutubeで多数流れた。私ももれなく視聴した。

    続きを読む
  3. 水没・全外れ。

    今週の前半は色々あった。まず、月曜日。首都圏への台風の直撃を受けて、会社を午前休に。とは言え、責任者の自分は10時着を目標に、家を9時に出た。車の混雑時間はとうに過ぎている。10時は楽勝のはず。それが。幹線道路に出るとこの有り様。

    続きを読む
  4. ソフトタッチ・ in プリン。

    箱数が1ヶの場合、時間指定が必要な場合にクロネコ宅急便を使わさせて頂いている。使う箱に‘荷物も取り扱う際の注意事項’が印刷されていない場合もある。そんな時に役立つのが、クロネコに常備されている注意シールである。初めは「取扱注意」一辺倒であった。

    続きを読む
  5. 暑い盛りの注意事項。

    梅雨が明けて以来、首都圏は猛烈は暑さに見舞われている。成形業を営む者として、この時期、特に注意しなくてはいけないことがある。それは、変形。屋内で行われる成形加工においても、場合によっては冷却の時間を伸ばすなど気を使う。ただ、この配慮は屋内だけにとどまらない。

    続きを読む
  6. スカイプの有効性。

    少し前のことだが、仕事のやりとりをスカイプで行ったことがあった。一度目は、外資系企業様との仕事。行けば1時間もかからない距離だったのだが、スカイプでのやり取りをご希望された。さすが、外資系と思ったものだ。二度目は、遠距離でのコラボ。

    続きを読む
  7. 令和元年、営業初日。

    普段は毎日の更新はしていない。しかし元号が変わるとなるとこちらも区切りをつけたくなり、昨日今日と連日の更新。始まったんだなぁ、令和が。本日、2019.5.1。令和元年、営業初日。

    続きを読む
  8. 新年号は令和となった。

    そうか、あとひと月で年号が変わるんだ。なんだか、まだピンと来ない。ピンと来ないと言えば、新年号に決まった‘令和’。続けてではないが、和と言う文字がまた来るとは思わなかった。加えて令という文字。普段この文字の意味を深く考えたことはなかった。

    続きを読む
  9. 桜の花びらは何色?

    週末、近くの都立公園に行った。三月晦日のこの日、園内至るところで桜が花びらを大きく開こうとしていた。おや、色が違う。ある幹のある枝のある部分、そこに咲く桜の花びらに目が行った。そこだけ花びらがピンク色なのだ。桜の花びらの色と言えば、薄ピンク。所謂、さくら色。

    続きを読む
  10. 五十を過ぎての、まさかの職質。

    私は趣味としてアーチェリーをしている。始まりは旅行先でのアクティビティ。何年か忘れていた後、地元公共施設に完全屋内式のアーチェリー練習場があるのを知り、講習会に参加。今では協会に属して、週に何度か仕事終わりに練習に通っている。

    続きを読む
ページ上部へ戻る