インクジェット

  1. 本日納品、小ロットの立体バキュームポスター。

    オフセット印刷の代わりにインクジェット出力を使用したバキュームポスターを本日納品する。インクジェットを利用した理由は、ロットが小さかったためである。本生産としてのインクジェット出力費用は、オフセットのそれよりも費用はかさむ。

    続きを読む
  2. インクジェット+成形合わせで製品ダミーを作る。

    現在ダミーを作成中。現物を使用したある製品の見本帳を成形品を使って代替できないかという話なのだ。現物をお借りして、3Dスキャン。製品の特性から非接触式のスキャン機が使用できず。針で突く接触式のスキャン機でデーター取得すること36時間。

    続きを読む
  3. HPの更新作業。

    co.jpと.comの一誠技工舎の二つのHP。現在、更新の内容の作っている。先にアップした女性の実写面も含め、お面の着色方法のテスト報告を中心にするつもり。塗装と印刷。インクジェットと印刷。そんな感じ。

    続きを読む
  4. 女性実写面作成中。

    現在、実写面のサンプル作りを行っている。実写面については、作り始めてすでに数年経つ。しかし、女性の顔を作る機会に恵まれなかった。少し前のこと。造形会社のある女性社員の方と話がまとまった。

    続きを読む
  5. バキュームポスターを手軽に。(2)

    二週間余り前に、自由度が高いバキュームポスターの試作を行っていると書いた。先週末、その試作第一号が出来あがった。全体としての見栄えは想像通り良い。が、細かな部分に問題がまだ残る。さて、どうしたものか?‘費用’という条件を緩めれば、すぐに解決できそうだ。

    続きを読む
  6. A1バキュームポスター。

    追加生産分を今日から成形する。元は数十枚の話から始まった。今回の追加分も同じ枚数である。こういうロットの場合、インクジェットは本当に力を発揮する。確かに出力代は馬鹿にならないが、予備紙や刷版が必要ないのが助かる。今後も少ないロットの印刷成形品作りに力を注ぎたい。

    続きを読む
  7. 実写面開始。

    昨夜、原型データーのOKが出た。今回の実写は、画像からの作成である。対象者にスキャンが出来なかったのだ。画像から原型を作成するのには、デメリットがある。一つは、費用が高くなるということ。通常、私が当社のスキャナーでデーターを取らせて頂くためサービス価格となっている。

    続きを読む
  8. ねこのデーター作成中。

    ねこ面のデーターを作成中。ほとんど完成しているのだが、細かいところを修正中。本当に悪い癖。今回のお面は、実物からの作成となった。白無地のねこ顔を造った。ねこ好きの嫁さんに頼んだところ、大層よくできたねこの絵を描き入れてくれた。

    続きを読む
  9. 革ジャン、いいじゃん。

    先日の「やり直し」の頁に書いた‘ 革ジャン ’。やっと完成した。今回のテーマは「衣服のような柔らかいものでもスキャンデーターがきれいに取れるか?」だった。結果として‘ 柔らかく・細かく・複雑 ’なものは難しく、試に取った武骨な革ジャンがきれいに取れてしまった。

    続きを読む
  10. やり直し。

    HPに掲載したままの革ジャンの木型。パテを盛ったままの画像。最終的には、インクジェット出力による3D印刷成形品の見本を作ろうとしている。サイト作成のルールとしてはNGなのかもしれない。何せ、出来ていないモノ・完成の目途が立っていないモノを掲載しているわけだから。

    続きを読む
ページ上部へ戻る