印刷物を立体化する。(立体印刷成形・着色方法編)

一誠技工舎では‘立体印刷成形’と呼ばれる、成形加工を用いての印刷物の立体化を三十数年にわたり行ってきました。
一誠技工舎はこうも考える。
三編の初回は成形と印刷との関係についてです。

1.シルク印刷を用いる

シルク印刷を用いた立体印刷成形品◆◆条件◆◆
・印刷方法は、シルク印刷。・基本は1色ごとの分けによる表現となる。
◆◆メリット◆◆
・原稿の修正が比較的容易で、印刷材料の予備枚数も少なくて済む。
・ロットの少ないものには、効果を発揮する。・通常インキ使用時に成形による割れがない。
◆◆デメリット◆◆
・多色の場合、費用がかさむ。・フルカラー(4C掛け合わせ)印刷が得意ではない。
◆◆理由◆◆
‘印刷成形品は決して安いものではありません。
特にデーター修正に費用がかさみ、印刷予備枚数を多く必要とするオフセットによる印刷成形はやはり大量ロットに適しています。
小ロットでも印刷成形品を、少しでも身近に感じて頂きたいと思うのです。
まずは、印刷成形の昨今の流れと共に、‘なぜ当社がシルク印刷による印刷成形をおすすめするのか’をお話致します。

少し前までは、紙と同じように校正刷りを行え、成形に適した「合成紙」という素材がありました。この用紙は優秀で、オフセット印刷による表現力豊かな成形品の生産に寄与してくれました。しかし、現在は生産中止となっています。代替え素材としてPET等の純粋なプラスチックによる生産が主流となりましたが、これらの素材の校正刷りは、特殊なインキによる本機校正となりました。

校正を本機で行う場合、材料代と印刷代には大変費用がかかります。簡単に言えば、最低ロットで本生産をその回数行っているのと同じことになります。私自身見積りをするたびに、以前に比べ費用が大変かかるようになったなぁと思うようになりました。

そして、印刷成形をもう少し 身近なものに戻せないものかと考えるようになりました。シルク印刷ならば校正刷りに要する材料は少なく、校正刷り自体の費用も安く済む。4色オフセット印刷が主流だけれど、傍流もあっても良いだろう。

古典的な方法(=塗装による色分け)でおめんを製作している当社があえてシルク印刷による印刷成形をおすすめしても良いのではないかと思うのです。

1-2追記:インクジェット出力を用いる

UVインクジェット出力を用いた印刷成形品◆◆条件◆◆
・着色方法は、インクジェット出力。・4色かけ合わせ。
◆◆メリット◆◆
・表現力豊かで、印刷材料の予備枚数も少なくて済む。・版を必要としないため、時間の短縮が図れる。
・ロットの少ないものには、抜群の費用効果を発揮する。
◆◆デメリット◆◆
・ロットの多さがメリットになりづらい。(お面で言えば個数が100枚を超えてくると辛いか)
◆◆理由◆◆
版は要らず予備枚数も少ないインクジェットによる出力は魅力である。
プラスチック素材にフルカラー印刷を行う場合、乗せて硬化させる‘UVインキ’というものが使われて来ました。ただこのインキは固めて乗せているだけですから、伸ばされると割れてしまうという欠点がありました。加熱し伸ばして形を作る、真空成形には適したインキではありませんでした。

その後、伸ばしても割れない‘ストレッチインキ’というモノがオフセット印刷の世界に出現してきます。その後試して行くと、インクジェット出力の中にも割れづらいインキがあることが分かりました。(割れないインキを使用できる出力機もあるのですが、まだまだ一般的とは言えません)

版を必要とせず、予備枚数も少ない。尚且つ、成形で伸ばしても割れづらい(色は薄くなります。)これを使わない手はないと考えました。

インクジェットの世界は平米単価いくら、一枚いくらの世界です。オフセットやシルク印刷のように、大量生産生産を前提に行われている生産方法ではありません。つまり、数を増やしても生産費用が下がる生産方法ではないということです。
小ロットに限って使用する。
少ないロットですと、型等の初期費用が重しになることが多いと思います。生産費用を少しでも抑えることができればと思って、おすすめしています。

2.印刷物を立体化する(型との合わせ方編) 3.印刷物を立体化する(多面付け編)

初めての真空成形

私とお話しませんか。旅の恥は書き捨てと言います。表現が適当かは分かりませんが、私自身初めての現場に連絡を取るときはこんな気持ちです。私の経験上、必ずしも希望の情報が得られた時ばかりではありませんが、しない方がよかったと思ったことは一度もありません。少なくともそんな時にでも‘そこではうまくなかった’ということは分かるのですから。担当:鹿毛(かげ)
TEL: 048-997-2295
Mail: info@isseigi.com

同業者様のお手伝いもさせて頂きます。

真空成形同業者様のお手伝いもさせて頂いております。
担当:鹿毛(かげ)
TEL: 048-997-2295
Mail: info@isseigi.com

時々投稿しています。
時々つぶやいています。
顔を突き合わせて。skypeID:isseigiG465
ページ上部へ戻る