続続・一言だけ‘あのさぁ’

2018年02月06日

初、いきなりステーキ。

日曜日に嫁さんと二人、六本木で行われているMJ展を見に行った。
MJイラストレーションズが行う展示会である。
彼女は峰岸達氏が主幸する、このイラスト塾で勉強をさせて頂いている。

彼女の描くイラストは毎日のように目にしている。
他の多くの方々のイラストと見比べることによって、彼女の作品の良いところ・作品に足りないところが私のような門外漢にも何となく感じることが出来た。
日々鍛錬を重ねている彼女には尚更であろう。
その世界の先人に教えを請い、多くの方々と切磋琢磨する意味がここにあるのだと思う。

さて、その帰り。
そろそろお昼。
いきなりステーキ」の看板。

この立食スタイルのステーキハウス。
最近富にその店名を聞く機会が増えていたが、私は入店したことがない。
一度通り過ぎて、自然と歩む速度が緩んだ。
彼女がそれに気づき、‘入ってみる?’

店の外に出されていたメニュー看板を二人で眺める。
一人1500円程度か。
休日のランチとしては許容範囲である。

入ってみた。

初めての入店の旨を伝えると、店員が丁寧にそのシステムを説明してくれた。
400gを二人で分けて200gずつのステーキにしてもらう。
加えてライスを一つずつ。

出てきた。
食したのは@6.9/gのリブロースステーキ。
100g690円のステーキ肉である。
残念ながら、当家で普段口にはしない高価な肉である。(苦笑)

焼き方はお店おすすめのレアー。
軽くナイフを引くだけできれいに肉が切れる。
脂身もすっと切れる。

それだけで感激。
普段どんな肉を食べているのかが想像できよう。

彼女はライスの(小)。
私は(大)。
途中二人で‘お腹いっぱいだね’と。

立食であること、食後にコーヒーが飲めないこと。
このあたりが私にとってはマイナス点であるが、充分おいしい食事を摂ることができた。
支払い時にマイレージカードを作ってしまった。

今度は大飯食らいの長男も連れてこよう。

On Sunday, I went to see the exhibition of MJ in Roppongi with my wife. It is an exhibition done by MJ illustrations. She is going to study at this individual class run by Mr. Toru Minegishi.

I see her drawing illustrations every day. By comparing it with many other people’s illustrations, I ,an outsider like me too, could somehow feel the good and the lack of her . It might be even more especially for her who is doing training every day. I think that there is a meaning to beg the teaching to the forerunner in the world, and to improve themselves through friendly rivalry with many people here.

Well, that way back.It was time for lunch.The sign of “IKINARI STEAK” .

This stand-up meal style steak house. I’ve had more opportunities to listen to the shop name recently, but I’ve never entered the store. Once passed, the speed of walking naturally slowed down. She noticed it and asked me ‘ try it in? ‘

Two of us look at the menu signs that are placed outside the store. About 1,500 yen per person. It is acceptable as a holiday lunch.

We tried.

The clerk politely explained the system when I told him that my first entry was in the store. We have a steak of 200g, divided by two 400g. Plus, we ordered each dish of rice.

We got them. The food was @ 6.9/g rib loin steak. t was a steak meat of 690 yen per 100g.Unfortunately, it is an expensive meat not usually in my house.

How to bake is rare recommended by a shop. I was able to cut the meat well by softly pulling the knife. I was able to cut the fat well.

Such a trifle impressed me. You will be able to imagine what kind of meat we usually eat.

Her rice was small size. Mine was big. We said to each other in the middle of eating. `We are full.’

It was stand-up meal style and we could not drink coffee after meals.They were a negative point for me, but I was able to eat a good enough meal. You will understand the satisfaction of having made the mileage card of the shop at the time of payment.

I will go with my son who is a big eater next time.

→Isseigikousha’s homepage
→Isseigikousha’s Instagram

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

2020年9月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

初めての真空成形

私とお話しませんか。旅の恥は書き捨てと言います。表現が適当かは分かりませんが、私自身初めての現場に連絡を取るときはこんな気持ちです。私の経験上、必ずしも希望の情報が得られた時ばかりではありませんが、しない方がよかったと思ったことは一度もありません。少なくともそんな時にでも‘そこではうまくなかった’ということは分かるのですから。担当:鹿毛(かげ)
お問い合わせフォーム

移行・移転しました。

2020年4月。株式会社一誠技工舎は製造会社より制作事業会社へ移行し、本社事務所も東京都へ移転しました。

【instagram】
インスタグラム
一誠技工舎instagram

一誠技工舎 社長の日記。
ひと言だけ `あのさぁ ’
一言だけ‘あのさぁ’
続・一言だけ‘あのさぁ’

ページ上部へ戻る