続続・一言だけ‘あのさぁ’

2018年01月23日

区長杯。

その日、朝から道具の点検を行っていると長男がやってきて、‘今日は何?’。
‘今日は区長杯に出るんだ。区協会からの推薦で。’
‘へぇ、俺、観に行こうかな。’

そう見栄を切ってしまった。
本当は協会からの推薦であろうはずがなく、ある方からの強制と言った方が正しい。(笑)
どうやら、参加人数が定員を少し足りなかったらしい。

理由は何にしろ、アーチェリー区長杯にエントリーしてしまったのだ。
午前9時半に集合、10時から開始。
今回は42名の参加。

区長杯はチーム戦。
午前中はコンビを決める個人戦(30M3射×12)である。
この個人戦の結果を元に、1位と42位、2位と41位と言うように戦力が均等になるようにコンビを組む。
ある意味、ウェーバー方式 のようなものだ。

私は36位通過。
7位通過の方とチームを組ませて頂くことになった。

午前の個人戦に関しては、264/360という成績で今の自分の腕相当。
大きな貢献は出来なくとも、大きくは足を引っ張らずに済むかもしれないという気持はあった。

午後はトーナメント、ポイント戦。
二人80秒4射ずつ射ち、合計点の上回ったチームに2ポイント入る。
先に5ポイント先取した方が、次のラウンドに進めるという方式である。
(4-4の場合は、二人40秒2射の合計点で決着させるシュートオフ)

トーナメントは3グループに分かれて行われ、最終ラウンドは各グループのトップ同士の戦いとなる。
これを午後の三時間にわたって行うのだ。
つまり、グループ1回戦で敗れれば、途方もない長い待ち時間が待っていることにもなる。

さて、1回戦。
コンビを組んで頂いた方の配慮で先に射ることになった。
あと射ちだったら、重圧に押しつぶされていたかもしれない。

が、その配慮も効果はなかった。
昼食を挟んで一時間、調子が全く戻らないのだ。
青(6,5エリア)、黒(4,3エリア)を連発する。

結果、0-6のストレート負け。
相手の方は、私のプレイ中も後ろから声援を送り続けてくれた。
そして試合が終わった後も、‘チーム戦だから。次回頑張りましょう。’とおっしゃってくれた。

情けなくて、情けなくて。

予定外のエントリーだった今回の区長杯。
お声を掛けて頂いた時は、‘まだ早いです。’とお断りをした。
が、出て本当に良かった。

素直に楽しかった。
そして、この悔しさが今後のモチベーションになってくれるに違いない。
競技仲間のありがたさと、参加賞の小松菜一把を手にして競技場を後にした初めての公式戦であった。

追記.
先月の月例会で取れなかった認定は、その月のうちの講習会で取得。
晴れて施設より認定証を頂いた。
嬉しい嬉しいクリスマスプレゼントとなった。

That day, from the morning when I checked the tools, my son came and said, ‘What are you going to do today? ’。 ‘ Today I’m going to go to the mayor’s Cup. I got a recommendation from the District Association. ’ ‘ Really !? I’m not sure yet, but I think I’m going to see. ’

I pretended to be something I was not. It was true that I should not be able to get a recommendation from the association, and was pressured from a certain person. (haha)It seems that there were not enough application.

Whatever the reason, I entered the mayor’s Cup of archery. Set at 9:30 a.m., starting at ten o’clock. This time, 42 people participated.

The mayor’s Cup was held in a team match. In the morning, individual match (30m 3shots× 12ends) was held to decide the buddies. Based on the results of this individual match, the buddies teamed up to be equal like the first and 42nd positions, and the second and 41st positions. In a sense, it was the one like the Waiver method.

I passed the 36th place. I teamed up with a man who passed the seventh place. In the morning, I had a 264/360 of individual match, and the result was reasonable. I had feelings that it might be necessarily not to get in the way of him greatly even if I made a great contribution .

In the afternoon, tournament match was held in point preoccupation system. The team took 4shots in 80 seconds and got two points if it overtook the opponent in total scoreFirst to get 5 points wins. The winner could move on to the next round.(In the case of the tying of the 4-4, it was the shoot-off to settle in a way that shot twice with two of the team in 40 seconds.)

The tournament was divided into three groups, and the final round was the battle between the top of each group. This is done for three hours in the afternoon. In other words, if we lost the first game of the group, we were going to take a long long waiting time..

Well, the first game of the tournament. In consideration of the person who teamed up t, I was going to shoot first. The pressure might get to me if my shot was later.

But his consideration was not effective. I did not regain my form at all for one hour between lunch. I shot in the blue (5,6point area), black (3,4point area) back- to- back.

As a result, my team made a straight loss of 0-6. Buddy continued to cheer me up from the back during my play. And after the game was over, he told me. ‘ It’s a team game. Let’s do our best next time. ‘

I felt miserable. I felt miserable.

This was the mayor’s Cup, which was an unscheduled entry. When he asked me to join the Cup, I refused. `It is still early.’ But I think it was really good to play now.

Honestly, I enjoyed myself. And, this regret must become the motivation of me in the future. It was the first official match that I felt the blessing of the competition fellow and left the archery hall with a bunch of Komatsuna as a participation award.

P.S.
The certification which was not able to be taken at the monthly meeting of last month I got at the training session of the month. I got a written recognition from the facility in the face of the world. Glad it became a Christmas present to me.

→Isseigikousha’s homepage
→Isseigikousha’s Instagram

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

2020年10月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

初めての真空成形

私とお話しませんか。旅の恥は書き捨てと言います。表現が適当かは分かりませんが、私自身初めての現場に連絡を取るときはこんな気持ちです。私の経験上、必ずしも希望の情報が得られた時ばかりではありませんが、しない方がよかったと思ったことは一度もありません。少なくともそんな時にでも‘そこではうまくなかった’ということは分かるのですから。担当:鹿毛(かげ)
お問い合わせフォーム

移行・移転しました。

2020年4月。株式会社一誠技工舎は製造会社より制作事業会社へ移行し、本社事務所も東京都へ移転しました。

【instagram】
インスタグラム
一誠技工舎instagram

一誠技工舎 社長の日記。
ひと言だけ `あのさぁ ’
一言だけ‘あのさぁ’
続・一言だけ‘あのさぁ’

ページ上部へ戻る