続続・一言だけ‘あのさぁ’

2017年01月10日

新しいスーツ。

社内ではスーツでいることはまずない。
着て戻っても、すぐに脱いでしまう。
工場内を動き回るのに、正直不都合が多いからである。

元よりビシッとスーツを着ることが少なくなった。
ジャケットにスラックスなどを合わせて着ている。
とは言え、スーツで出かけなくてはいけない時もある。
そんな時、自分の持っているスーツの古さを感じることが多々あった。

モノが良かったせいか、服地がよたっている感じはない。
そう、形が古いのだ。
一つ二つは今風のモノを持っていなくては とは思っていた。

自宅近くに大手紳士服量販店が数店舗ある。
若い頃は量販店でスーツを買うことはなかった。
今では普通に入る。
日曜日に嫁さんを伴って出かけた。

彼女を伴うのはジャッジをしてもらうため。
自分で候補を見つけ、その中で最終決定する際に彼女の目が大きく役立つ。

細め、ノ―タック。
落ち着いた色の3ピースとチャレンジな明るい色の2ピース。
二着買ったのは、面倒くさがりだからである。

念の為ウエストを広げ、恰好よくなるからと勧められて袖丈を短くすることにした。
仕上がりに一週間かかる。

吊るしの中では高い部類の金額だったが、その頃買ったスーツ1着分にも及ばない。
さて、この50オーバーの親父がどんな見映えになるものか。

そうそう、はやりのトンガリ靴も一緒に買ってしまった。
清水の舞台から飛び降りるつもりで。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • Y.Y
    • 2017年 1月 11日

    ミスターYです。
    僕もバブリーな頃は、春夏で10着、秋冬で10着、ブランド品でした。
    けど今どきダブルはね・・・箪笥の肥やし。
    コートも今じゃチェスターコートも流行らないから、ショートコート・・
    今じゃアオキのオールシーズンの4着です。

    • t@isseigi.co.jp
    • 2017年 1月 11日

    ミスターY様

    あの頃の浪費はなんだったのだろう?
    スキーの板も毎年ごとに変えて。

    そんな時代でした。
    またコメント下さいね。

2020年10月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

初めての真空成形

私とお話しませんか。旅の恥は書き捨てと言います。表現が適当かは分かりませんが、私自身初めての現場に連絡を取るときはこんな気持ちです。私の経験上、必ずしも希望の情報が得られた時ばかりではありませんが、しない方がよかったと思ったことは一度もありません。少なくともそんな時にでも‘そこではうまくなかった’ということは分かるのですから。担当:鹿毛(かげ)
お問い合わせフォーム

移行・移転しました。

2020年4月。株式会社一誠技工舎は製造会社より制作事業会社へ移行し、本社事務所も東京都へ移転しました。

【instagram】
インスタグラム
一誠技工舎instagram

一誠技工舎 社長の日記。
ひと言だけ `あのさぁ ’
一言だけ‘あのさぁ’
続・一言だけ‘あのさぁ’

ページ上部へ戻る