続続・一言だけ‘あのさぁ’

2017年10月02日

川面から。

ここのところの、このブログは私の週末の過ごし方の報告に終始している。

昨日の日曜日。
予報通り、天気は秋晴れ・快晴。
数日前に申し込みしていたのが「神田川クルーズ」。
日本橋を出発点とし、日本橋川→神田川→隅田川→日本橋川と川を巡り日本橋の船着場に戻ると言う90分の短い川巡りである。

神田川を船で下ってみたいという思いは昔からあった。
ある二つのことがきっかけで。

小学生の頃である。
週に一度、一人で中央線を使って都心に出ることがあった。

自宅から中央線に乗り換えるには、総武線の御茶ノ水で一度乗り換えなくてはいけない。
と言っても、フォームは変わらないのだが。
その御茶ノ水のフォームから、神田川そしてその上に架かる丸ノ内線が眼下に見えた。

地下鉄丸の内線は、神田川を渡るところで一度地上に顔を出す。
トンネルから赤い車両が顔を出し、神田川を渡って行く姿が眼下に見えた。
ああ、一度川面からこの姿を見上げて見たいと当時よく思ったものだ。

結婚した後のこと。
大正生まれの義父からこんな話を聞いた。
‘子供の頃、潮干狩りに行く時にはお茶ノ水の神田川から船に乗り、隅田川を下って千葉の方に行ったもんだ。’

神田川から見上げる光景、隅田川の水面から見える景色を見てみたい。
しかし、こんな思いは久しく忘れていた。
それを思い出させてくれたのは、このところはまりつつある‘ガイドさん付きツアー’なのである。

楽しかった。
短くは書けない。
だから画像を載せる。

残りは、弊社(個人的な趣好に走っているが)のインストグラムに掲載しておく。
ご興味あればご覧頂きたい。

数年後、日本橋に覆いかぶさる首都高が姿を消したら、駿河台と湯島を結ぶ聖橋の改修作業が終わったら、もう一度水面から見上げてみたいと思っている。

神田川から見上げる御茶ノ水駅

Lately this blog is filled with stories on how to spend my weekend

Yesterday, as the weather forecast , it was fine and sunny Sunday.A few days ago I was making a reservation for a boat ride.It’s called Kandagawa Cruise.The pier in Nihonbashi River is a starting point, and it is a short 90-minute river tour that it ships around Nihonbashi River → Kanda River→ Sumida River →Nihonbashi River,and returns to the first place.

I’ve always wanted to boat down Kanda River.I had two reasons.

The first reason.Time goes back to elementary school.Once a week, I went to the center of Tokyo using the Chuou line alone.To get on the Chuou line from home, I had to transfer once with Ochanomizu of the Sobu line.However, the form does not change.

From the form of the Ochanomizu, I was able to see Kanda River and the Marunouchi line above it.The subway Marunouchi line is once on the ground across the Kanda River.I could see a red vehicle coming from the tunnel, and crossing the Kanda River bellow.Oh, For once in my life I would like to look up at this fine sight from the surface of the water.

The second reason.Time goes back to newlyweds.I heard such a story from father-in-law born in the Taisho period.(Taisho period was 1912-1926.)He said to me.when he was a child, He went to gather clams .His family took the boat from the wharf floating on the Kanda River at Ochanomizu.,and shipped to Chiba area through the Sumida River.

I would like to look up at a fine sight from the surface of Kanda River.I would like to see a fine sight on the surface of Sumida Rive.However, I had forgotten such thoughts for a long time.

It was the guided tour being into recently that reminded me of them

I really had a good time.I can’t write that emotion in brief..So instead,I show you a picture.I posted the rest of the photos on Instagram.If you are interested, please contact them.

After a few years, after the disappearing Metropolitan Hightway over Nihonbashi ,after the renovation of Hijiri Bridge connecting Surugadai and Yushima, I want to look up again from the surface of the water.

(Nihonbasi is the bridge over Nihonbashi River in Chuo-ku, Tokyo.It is A road-origin marker of Japan and the starting point of road network in Japan.Built in 1911, the current Nihonbashi is a national important cultural property.Nevertheless,The Government of Japan made highways over such a historic bridge.)

→Isseigikousha’s homepage
→Isseigikousha’s Instagram

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

2021年6月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

初めての真空成形

私とお話しませんか。旅の恥は書き捨てと言います。表現が適当かは分かりませんが、私自身初めての現場に連絡を取るときはこんな気持ちです。私の経験上、必ずしも希望の情報が得られた時ばかりではありませんが、しない方がよかったと思ったことは一度もありません。少なくともそんな時にでも‘そこではうまくなかった’ということは分かるのですから。担当:鹿毛(かげ)
お問い合わせフォーム

移行・移転しました。

2020年4月。株式会社一誠技工舎は製造会社より制作事業会社へ移行し、本社事務所も東京都へ移転しました。

【instagram】
インスタグラム
一誠技工舎instagram

一誠技工舎 社長の日記。
ひと言だけ `あのさぁ ’
一言だけ‘あのさぁ’
続・一言だけ‘あのさぁ’

ページ上部へ戻る