続続・一言だけ‘あのさぁ’

2018年10月15日

素晴らしき応援団。箱根駅伝予選会に行ってきた。

先週末、箱根駅伝予選会に行ってきた。

息子の部活仲間のご夫婦とかれこれ10年ほど仲良くさせて頂いている。
彼らは高校野球の応援やこの箱根の応援など、私とは違ったところに趣味を持っている。
だからこそ、この関係が続いているのかもしれない。

‘予選会に行かない?’

箱根のファンでもない私。
これが本戦であったならば、丁重にお断りをしていたに違いない。
予選会と誘ってくるところが上手いのだ。

昭和記念公園までの道すがらで、パンフレットと旗をもらう。
公園ゲートでチケットを買い、いざ入場。
公園を横断し、スタート地点のある陸上自衛隊駐屯地まで歩く。

近づくほどに、楽器の音で騒がしくなる。
スタート地点のある滑走路内側に、各大学の応援団・チア―が陣取って応援を繰り広げているのだ。

畳にして十数畳もありそうな大きな団旗も数多く出ている。
動きもこれぞ、応援だというあの振り付け。
そして数ある応援団の中で、私の目を釘付けにしたのは東大応援部。

最前列で演舞を続けるリーダーらしき二名。
疲れを疑うほどに、演舞し続ける。
東大もここまでやるか。

自分が学生の時には応援団に入ろうなんて全く思わなかった。
しかし彼ら二人の姿を見て、もし30数年前に戻れるならば応援団も入ってみたいとさえ思った。
また違った学生生活を送ることが出来ただろう。

友人の奥様がぽつり、‘私も応援団に入るような息子が欲しかった’

今だからこそ、感じることもある。
結果発表を見届け、しみじみ昭和記念公園を後にした。

そうだ、一つ言っておかねばならない。
私は東大とは縁もゆかりもない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年10月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

初めての真空成形

私とお話しませんか。旅の恥は書き捨てと言います。表現が適当かは分かりませんが、私自身初めての現場に連絡を取るときはこんな気持ちです。私の経験上、必ずしも希望の情報が得られた時ばかりではありませんが、しない方がよかったと思ったことは一度もありません。少なくともそんな時にでも‘そこではうまくなかった’ということは分かるのですから。担当:鹿毛(かげ)
お問い合わせフォーム

移行・移転しました。

2020年4月。株式会社一誠技工舎は製造会社より制作事業会社へ移行し、本社事務所も東京都へ移転しました。

【instagram】
インスタグラム
一誠技工舎instagram

一誠技工舎 社長の日記。
ひと言だけ `あのさぁ ’
一言だけ‘あのさぁ’
続・一言だけ‘あのさぁ’

ページ上部へ戻る