続続・一言だけ‘あのさぁ’

2017年09月19日

軍港めぐり。

この週末を利用して逗子・鎌倉に出かけた。

息子とその友達、そして私達夫婦の四人で泊まりで出かけた。
夕食は一緒にすることにし、それ以外は別行動。

鎌倉は実家の墓もあり、よく訪れる街。
どこに行こうかと考えた末、初日はあえて鎌倉を離れることにした。

三崎まで脚を伸ばし旨い魚でも食べてこようかとも考えた。
が、先日参加した‘はとバスツアー’の名残りか、何か体験型の観光が出来ないかと調べた。

そしてヒットしたのが、「軍港めぐり」である。
横須賀港を観覧船でめぐる1時間弱のツアーである。

折しも台風18号がこの週末、本州を通過するとの予測。
ぎりぎり土曜日、それも午前中ならば何と乗船出来るだろうと前日に予約を入れる。
実はこのツアー、人気のツアーで土日ともなると席が取れないようなのだ。

当日、鎌倉からJRで横須賀に向かう。
鎌倉から先に電車で行くこと自体が初めてである。
この時点ですでに心は遠足状態。

列車の切り離し時間も含めて20分ほどで横須賀駅に到着。
駅のフォームと同時に停泊中の軍艦が目に入る。
おたくでも何でもないのだが、初めて直に見る、それも間近かに見る軍艦に興奮気味。
思わず席を立ってしまい、嫁さんから‘座りなさいよ’とお小言を。

改札を抜け、港に沿って観覧船乗り口まで徒歩10分程度か。
港に停泊する幾隻もの軍艦が目に入る。
小雨は降るが、港内のお陰か波は静か。

静かな海に大きな船。
この対比に圧倒させられる。

10時定刻。
観覧船出航。

男性客室乗務員のガイドが楽しく、為になる。
軍艦各々に課せられた役割と船種の見分け方。
駆逐艦、輸送艦、掃海艇、観測艦、米海軍のイージス艦に潜水艦。

ここ最近よく耳にするイージス艦。
高度な防空システムを搭載する艦船である。
世界で航行する100隻ほどのうち、この日は実に複数隻が横須賀港内に停泊しているとの話。
国際状況を反映してのことかと特に聞き入る。

と、ここまで書くとミリタリー色の濃いツアーかとお思いになるだろう。
実際は、他の観光ツアーと変わりはない。
目に見える現実を知識と笑いでガイドをしてくれる楽しいツアーであった。
乗り込む前は気が進まぬと言う顔をしていた嫁さんも‘思いの外、楽しかった’の一言。

一つ残念なことは、乗客の年齢層が高いこと。
若者の目にはこのツアーはどうのように映るだろうかと考えた。
息子たちがこのツアーに参加していたならば、彼らの目にはこの光景はどう映っただろうか?
難しい話でも思想の話でもなく。

下船後は港に臨むスターバックスで一息ついて港を後にした。
(因みにスタバの窓から見える船は軍艦である)

横須賀港・スターバックスにて

We went to Zushi and Kamakura this weekend.

My wife and I went out to stay there with my son and his friend.We decided to eat dinner together, and other than that, we and they acted separately.

The grave of my family home is in Kamakura, and we often visit.After thinking about where to go sightseeing, We decided to leave Kamakura on the first day.

We thought that we would go a little way further to MIsaki ,and eat a delicious fish.But under the influence of the bus tour ‘HATO BUS’ we took part in the other day, we checked to see if I could do some experiential sightseeing.

And, having hit is “Gunkou Meguri“.It is Naval round.It is an hour-long tour of Yokosuka port on the sightseeing ship.

Typhoon 18 was predicted to pass through Honshu this weekend.After careful consideration, I made a reservation on Friday.Because I thought that we would be able to get on the ship on Saturday ,if it was in the morning.It was hard to get a seat on Saturdays and Sundays on this tour, a popular tour.I was nervous to be able to ride the reservation the day before.

On the day, I headed to Yokosuka from Kamakura by JR (JapaneseRailway).It was the first time to go by train far from Kamakura using the Yokosuka Line.At this point my mind was already in a field excursion state.

I arrived at Yokosuka station in about 20 minutes including the separation time of the train.The form of the station and the warship anchored entered my eyes at the same time.Even I was not a military geek, but the first time I saw , it was too excited to see the warship very close.I was going to stand in the seat and ‘ sit down ‘ from my wife.

It was a 10-minute walk from the ticket gate of the station to the entrance to the pier.Many warships anchored in the harbor came into my sight.The rain was falling, but the waves were quiet because of inside the harbor.

A large ship , a quiet sea.This comparison took my breath away.

10 o’clock on time.The sightseeing ship sailed.

The male flight attendant guide is fun and study.He taught us the role of each warships and how to identify the types of them.Destroyer, transport ship, minesweeper, observation ship of Japan Maritime Self-Defense Force , and submarine , aegis ship of the U.S. Navy.

Aegis ship to hear well recently. It is a ship equipped with an advanced air defense system.

Of the 100 ships sailing around the world, it was said that a few ships were anchored in the port of Yokosuka.I listened to the explanation, especially reflecting the international situation(North Korea matter).

If you read to this point, you will think that this tour is a strong military color. In fact, I think that you can enjoy this tour, just like any other sightseeing tour.

It was a fun tour to guide us the visible reality with knowledge and laughter My wife who had a unwillig face before she boarded also said a word ‘ it was fun than I thought’

But I thought It was a shame that the passenger’s age group is high. I wondered how this tour would meet the eyes of young people.If my son and his friend had taken part in this tour, how would they have seen this spectacle in their eyes honestly?

After we got off the harbor, we took a breather at Starbucks Coffee.(By the way, the ship seen from the window of Starbucks is a warship)

→Isseigikousha’s homepage
→Isseigikousha’s Instagram

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

2020年10月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

初めての真空成形

私とお話しませんか。旅の恥は書き捨てと言います。表現が適当かは分かりませんが、私自身初めての現場に連絡を取るときはこんな気持ちです。私の経験上、必ずしも希望の情報が得られた時ばかりではありませんが、しない方がよかったと思ったことは一度もありません。少なくともそんな時にでも‘そこではうまくなかった’ということは分かるのですから。担当:鹿毛(かげ)
お問い合わせフォーム

移行・移転しました。

2020年4月。株式会社一誠技工舎は製造会社より制作事業会社へ移行し、本社事務所も東京都へ移転しました。

【instagram】
インスタグラム
一誠技工舎instagram

一誠技工舎 社長の日記。
ひと言だけ `あのさぁ ’
一言だけ‘あのさぁ’
続・一言だけ‘あのさぁ’

ページ上部へ戻る