続続・一言だけ‘あのさぁ’

2017年05月22日

風邪。

この週末、寝床にいた。
喉の痛み、鼻水、咳、おそらく風邪をひいたのだろう。

寝床ですることもなく、ぼんやり考えていた。
風邪をひく。
この‘ひく’って漢字で書くと、引くで良かったんだよなぁ。

何で引くという言い回しを使うのだろう?
五十数年生きて来て、少なくとも五十数回この症状にかかってきただろうに、考えてみることもなかった。

漢字から何となく予想はつけた。
大気に漂うを悪いもの、この場合ウィルスを体内に引き込んでしまうことから生じる症状ということなのだろう。
しかし、それなら‘かかる’でいいのではないか?
インフルエンザに罹るとは言うが、インフルエンザを引くとは言わない。

で、タブレットを引き寄せ調べた。

かぜの語源を日本語源大辞典(小学館)で調べると、吹く風と同じだった。
それによると、古代中国で風は大気の動きであるとともに、人の肉体に何らかの影響を与える原因としても考えられていたという。
このことから吹く風が運んでくる「邪気」を体の中に引き込んでしまうと、かぜという病になると考えられた。だから、「かぜをひく」というわけだ。
(NIKKEi STYLEより)

推察と大きく意味合いが違った訳ではないようだ。
古代中国の考え方から来ているようだが、当時邪気と呼ばれていたものにウィルスも含まれていたに違いない。
勿論、当時にウィルスという観念はなかっただろうが。

具体的な病名(当時果して病名などあったのか?)と言うよりも身体の不調を示す総称だったとすれば、それは今でも同じことだろう。
実際、咳・熱・だるさを感じれば、まず一般人は風邪とくくる。
だから、今でも罹るとは言わず、引くという言葉で体調不良をおおまかに訴えているのだと思う。
おおまかである以上、何も深く考えず、先人より使われてきた‘引く’という言葉を引用して。

時にすることがないと言うことも良いものだ。
普段考えもしないことを考える。
今日も一つ勉強になった。

これも風邪を引いたお陰である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

2020年9月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

初めての真空成形

私とお話しませんか。旅の恥は書き捨てと言います。表現が適当かは分かりませんが、私自身初めての現場に連絡を取るときはこんな気持ちです。私の経験上、必ずしも希望の情報が得られた時ばかりではありませんが、しない方がよかったと思ったことは一度もありません。少なくともそんな時にでも‘そこではうまくなかった’ということは分かるのですから。担当:鹿毛(かげ)
お問い合わせフォーム

移行・移転しました。

2020年4月。株式会社一誠技工舎は製造会社より制作事業会社へ移行し、本社事務所も東京都へ移転しました。

【instagram】
インスタグラム
一誠技工舎instagram

一誠技工舎 社長の日記。
ひと言だけ `あのさぁ ’
一言だけ‘あのさぁ’
続・一言だけ‘あのさぁ’

ページ上部へ戻る