EXPERIMENTAL TEST

・T2: 当社の3Dスキャナー機

 

当社所有の3Dスキャナー

当社の3Dスキャナー。ホビーレベルのものだ。何百万もするプロ仕様の機器に精度でかなうわけがない。しかし造形系の型作りにはとても役に立つ。対象者への負担も少ない。試しに戦前生まれの母に、スキャンの被対象者になることを依頼した。母の条件は一つ。‘昔の私がみたい’。子としては嬉しい条件である。思い出を辿り、形状そして画像に手を入れる。少し違う気もするが、母は喜んでくれた。おそらく、3D業者にお願いする費用の三分の一ほど、写真を元に原型をお願いする費用の2/3ほどの費用だろうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
2021年6月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

初めての真空成形

私とお話しませんか。旅の恥は書き捨てと言います。表現が適当かは分かりませんが、私自身初めての現場に連絡を取るときはこんな気持ちです。私の経験上、必ずしも希望の情報が得られた時ばかりではありませんが、しない方がよかったと思ったことは一度もありません。少なくともそんな時にでも‘そこではうまくなかった’ということは分かるのですから。担当:鹿毛(かげ)
お問い合わせフォーム

移行・移転しました。

2020年4月。株式会社一誠技工舎は製造会社より制作事業会社へ移行し、本社事務所も東京都へ移転しました。

ページ上部へ戻る