EXPERIMENTAL TEST

・T6:身近なものを使って成形サンプルを作る

コンビニのハンバーグを3Dスキャンして真空成形品を作成。
お客様からの要望。‘ろう細工の食品見本の代わりをもっと簡易的にできないか。売り場に取り付けたい。数も予算も少ない。’。 考えるより実行。コンビニで湯煎で温めるハンバーグとカット野菜を買ってくる。気の利いた皿がなかったので、ソーサーで代用。盛り合わせる。この間、30分ほどか。そのままスキャンして型用のデーターに修正・変換したものが真ん中。合成紙をひっぱり出してきて家庭用プリンターで出力・成形。提案出し程度、実現場を担当する営業さんの個人ツールとしては使えると思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
2020年10月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

初めての真空成形

私とお話しませんか。旅の恥は書き捨てと言います。表現が適当かは分かりませんが、私自身初めての現場に連絡を取るときはこんな気持ちです。私の経験上、必ずしも希望の情報が得られた時ばかりではありませんが、しない方がよかったと思ったことは一度もありません。少なくともそんな時にでも‘そこではうまくなかった’ということは分かるのですから。担当:鹿毛(かげ)
お問い合わせフォーム

移行・移転しました。

2020年4月。株式会社一誠技工舎は製造会社より制作事業会社へ移行し、本社事務所も東京都へ移転しました。

ページ上部へ戻る