EXPERIMENTAL TEST

・T8:身近な筋肉を3Dスキャンして男性の上半身のデーターを作る。

身近な筋肉を使う。
息子の腹筋を3Dスキャンして真空成形型を作製した。

世間では、身体形状の3Dデーターが販売されている。が、商用となるととても高価で、サンプル製作ごときでは手が出ない。なので頼む。ちょうど競技を引退した学生が知り合いにいた。‘ 太る前に取らせてくれ ’。力技の競技ではないため、胸筋が薄い。マッチョにかつ斜めに向けてデーターをいじり、削り出して型作成。そしてインクジェットで出力したものに合わせる。こんな感じ。何でも使う。造形の中だけでも、変身してみたい。お金はかけたくないから、難しいことは基本しない。それでよければ、是非問い合わせを。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

初めての真空成形

私とお話しませんか。旅の恥は書き捨てと言います。表現が適当かは分かりませんが、私自身初めての現場に連絡を取るときはこんな気持ちです。私の経験上、必ずしも希望の情報が得られた時ばかりではありませんが、しない方がよかったと思ったことは一度もありません。少なくともそんな時にでも‘そこではうまくなかった’ということは分かるのですから。担当:鹿毛(かげ)
お問い合わせフォーム

移行・移転しました。

2020年4月。株式会社一誠技工舎は製造会社より制作事業会社へ移行し、本社事務所も東京都へ移転しました。

ページ上部へ戻る