続続・一言だけ‘あのさぁ’

2015年01月08日

今日からぺフ。

年に数度、この材料の成形を行う。

東レのぺフ。
PEベースの発泡材である。
当たりがとても柔らかく、傷をつけたくない製品の横持ち用のトレイに使用して頂いている。

さて、この材料。
昨年使用したものと一部仕様が変更になった。
仕様というか、製造方法が変わったといった方が正しいだろう。

当社の使用しているものは、15倍発泡の2ミリ厚。
今までその厚み通りにラインから出していたものを、昨年途中から倍の4ミリで出してその後真ん中で切断する製造方法に変えたのだという。
メーカーの説明によると、コストダウンの一環だという。

まぁ、その変更によってこちらの仕入れ値にメリットがあるならば、それはそれで歓迎だ。
しかし今回、一言注釈が付いた。

「片面(切断面)がマットになる。」
これは成形面を確認して行えば、使用途から考えても問題はない。

「成形性が若干落ちる」
こちらは、問題である。
PEベースの発泡材は、元来くせのある成形材料である。
この ‘ 若干 ’ が生産効率を下げる可能性が大きくある。

年末にテスト材をメーカーに送ってもらい、試作。
心持薄くなった感があったが、数ショットの中では問題は無さそうだった。
お客様に事情を話し了解を頂いて、材料の正式購入。
昨日、当社に届いた。

そして、今日より本生産。
数ショットの試作打ちと長時間流す本生産とは、事情が変わる場合が多々ある。
今日の一回目、念には念を入れて生産を行う。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

2020年10月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

初めての真空成形

私とお話しませんか。旅の恥は書き捨てと言います。表現が適当かは分かりませんが、私自身初めての現場に連絡を取るときはこんな気持ちです。私の経験上、必ずしも希望の情報が得られた時ばかりではありませんが、しない方がよかったと思ったことは一度もありません。少なくともそんな時にでも‘そこではうまくなかった’ということは分かるのですから。担当:鹿毛(かげ)
お問い合わせフォーム

移行・移転しました。

2020年4月。株式会社一誠技工舎は製造会社より制作事業会社へ移行し、本社事務所も東京都へ移転しました。

【instagram】
インスタグラム
一誠技工舎instagram

一誠技工舎 社長の日記。
ひと言だけ `あのさぁ ’
一言だけ‘あのさぁ’
続・一言だけ‘あのさぁ’

ページ上部へ戻る